エアコンの仕組みーその2

前回から引き続き、エアコンの”冷える仕組み”の2回目で、アキュムレーターについてをお話ししたいと思います。

アキュムレーターの中には、バッフル板というフィルターが入っています。
このバッフル板でアキュムレーターに入ってくる気体・液体の勢いを弱めます。

accumlator.jpg
アキュムレータの内面図

そして、このアキュムレーターの中で気体と液体の部分に分けます。

AirConditioner-1.jpg

気体の流れとしては、上の図では時計と反対周りになります。

バンテックのフィルターはこの、バッフル板にもついてますし、消音装置であるマフラーにも消音の目的で入っていたりします。

070-1.jpg

↑↑↑ 膨らんだ銅管にはこんな形で入っているわけです。

見えない部分にいろいろ使われているフィルター。車にも、さまざまなところで使われているようです。

用途もいろいろなので、こうした機器の中だけではなく他にもいろいろ使えそうですね!

関連記事

  1. Chillventa(ドイツ) 2018、出展報告

  2. リニューアル!会社案内&製品カタログ

  3. 新しい機械を入れ替えしました

  4. タイのバンテック工場近況

  5. 「とちぎ健康経営宣言」を行いました。

  6. 2015年桜満開

お問い合わせ

試作・量産・メッシュサイズのことまでお気軽にご相談ください0283-86-8668

お問い合わせメールフォームはこちら

VANTEC

PAGE TOP